ヒトリゴト

読んだ本など

2017年9月に読んだ本②

7)

お金の不安が消えるノート?60日でお金が貯まる1日1分の習慣?

お金の不安が消えるノート?60日でお金が貯まる1日1分の習慣?

 

 

8)

なぜ名経営者は石田梅岩に学ぶのか?

なぜ名経営者は石田梅岩に学ぶのか?

 

 「自分の置かれた状況で、常に道徳的行為を実践できる人間は、短期的な自己の利益に構うことがないために、安定した働き振りを発揮する。そして最も重要なことは、そのような人々の心が、常に幸福感に満たされていたこと」

「適切な役割と、適切な位置。企業はそれを従業員に提供し、従業員は自分の置かれた状況の下で最善を尽くし、自らの本性に近づいていく」

「仕事によって到達できるのは、まったく知らない場所ではなく、本来の自分にほかなりません」

 

9) 

才能を伸ばすシンプルな本

才能を伸ばすシンプルな本

 

 

10)

風の歌を聴け (講談社文庫)

風の歌を聴け (講談社文庫)

 

「あらゆるものから何かを学び取ろうとする姿勢を持ち続ける限り、年老いることはそれほどの苦痛ではない」

 

11)

 

12)

太陽を曳く馬〈上〉

太陽を曳く馬〈上〉

 

 

13)

宮本武蔵〈2〉 (新潮文庫)

宮本武蔵〈2〉 (新潮文庫)

 

 

 

 

2017年9月に読んだ本①

1)

仏教者が修行によって目指すのは言語によって通達できない境地。しかし、それは神秘でもなければ、実体でもない、真如でも妙有でもない」

「想を滅した状態を体験しても、再び知的活動に立ち戻り、その無常性を熟考してはじめて悟りが完成する」

「悟りの境地とそこに向かう教えは第一に、私達の日常生活における実感に反するものであること。第二に、下手に教えを広めると却って世間を害する虞(おそれ)があること」

 

2)

成功の秘訣は気にあり

成功の秘訣は気にあり

 

 

3)

ダライ・ラマ14世 (マンガで読む偉人伝 1)

ダライ・ラマ14世 (マンガで読む偉人伝 1)

 

 

4)

幸せになりたければねこと暮らしなさい

幸せになりたければねこと暮らしなさい

 

 

5)

 「機械が人々の雇用を順調に奪っていくと、2045年くらいには、全人口の1割ほどしか労働していない社会になっているかもしれません」

 

6)

ひろさちやの般若心経88講

ひろさちやの般若心経88講

 

 「この世において、怨みに報いるに怨みをもってすれば、ついに怨みの息(や)むことがない。怨みを捨ててこそ息む。これは永遠の真理である。ダンマパダ」

2017年8月に読んだ本③

11)

 

痛くない死に方

痛くない死に方

 

 「終末期医療の現場で、過剰な延命治療を続けたために、痛くて辛そうに亡くなっていく方をたくさん見てきました。よけいなことをするから、不要な痛みと辛さを患者さんに味わわせているということに気づいていない善意の医療者が大半です。あるいは遺族からの訴訟回避のためにそうせざるを得ない医療者も多い」
「終末期以降は自然の流れに身を任せながら緩和ケアをしっかり行えば、それほど痛がったり苦しんだりせずに、楽にあの世に逝けるはず」

 

12)

打撃の神髄 榎本喜八伝 (講談社+α文庫)

打撃の神髄 榎本喜八伝 (講談社+α文庫)

 

「若いうちは、形ある世界の追及でいい。しかし、歳をとったら、形のない世界の追及をしなさい。見えない世界というものを追及しないことには人生不満足ですよ。羽賀準一・剣道家
「『命を削って理想を求め、頂点を極めさせてもらって燃え尽きた野球人生も、ほどほどに練習をしてほどほどに遊び、ほどほどに月給を頂いてほどほどに過ごした野球人生も、眼下に広がる大自然の次元から見れば、いずれも夢、幻のごとくと思いましたね』榎本は飛行機の窓に顔を押し付けながら、あふれる涙を止めることができなかった」 

 

13)

 

中村天風と植芝盛平 氣の確立

中村天風と植芝盛平 氣の確立

 

 「臍下丹田とは人間の下腹部のことだが、力を込めるところではなく、心をしずめ、意識を集中するところ」
「臍下丹田に集中された心は、必ず眉間の中央にある一点である天帝にも集中するようになる」

 

14)

歯はみがいてはいけない (講談社+α新書)

歯はみがいてはいけない (講談社+α新書)

 

 「飲食後の歯の表面は非常に傷つきやすく、軟らかい状態。そこで歯みがきをすると、ダメージが大きい。食事直後の唾液は、酸性に傾いた状態をもどす」

 

15) 

氣の威力

氣の威力

 

「あなたは、体は故障したかもしれないが、心まで故障したわけではない。心はあなたのものだ。目が悪くなったといって、どうして心まで悪くなる必要があるのですか。心が身体を動かしていることを忘れてはいけません」