ヒトリゴト

読んだ本など

2017年8月に読んだ本③

11)

 

痛くない死に方

痛くない死に方

 

 「終末期医療の現場で、過剰な延命治療を続けたために、痛くて辛そうに亡くなっていく方をたくさん見てきました。よけいなことをするから、不要な痛みと辛さを患者さんに味わわせているということに気づいていない善意の医療者が大半です。あるいは遺族からの訴訟回避のためにそうせざるを得ない医療者も多い」
「終末期以降は自然の流れに身を任せながら緩和ケアをしっかり行えば、それほど痛がったり苦しんだりせずに、楽にあの世に逝けるはず」

 

12)

打撃の神髄 榎本喜八伝 (講談社+α文庫)

打撃の神髄 榎本喜八伝 (講談社+α文庫)

 

「若いうちは、形ある世界の追及でいい。しかし、歳をとったら、形のない世界の追及をしなさい。見えない世界というものを追及しないことには人生不満足ですよ。羽賀準一・剣道家
「『命を削って理想を求め、頂点を極めさせてもらって燃え尽きた野球人生も、ほどほどに練習をしてほどほどに遊び、ほどほどに月給を頂いてほどほどに過ごした野球人生も、眼下に広がる大自然の次元から見れば、いずれも夢、幻のごとくと思いましたね』榎本は飛行機の窓に顔を押し付けながら、あふれる涙を止めることができなかった」 

 

13)

 

中村天風と植芝盛平 氣の確立

中村天風と植芝盛平 氣の確立

 

 「臍下丹田とは人間の下腹部のことだが、力を込めるところではなく、心をしずめ、意識を集中するところ」
「臍下丹田に集中された心は、必ず眉間の中央にある一点である天帝にも集中するようになる」

 

14)

歯はみがいてはいけない (講談社+α新書)

歯はみがいてはいけない (講談社+α新書)

 

 「飲食後の歯の表面は非常に傷つきやすく、軟らかい状態。そこで歯みがきをすると、ダメージが大きい。食事直後の唾液は、酸性に傾いた状態をもどす」

 

15) 

氣の威力

氣の威力

 

「あなたは、体は故障したかもしれないが、心まで故障したわけではない。心はあなたのものだ。目が悪くなったといって、どうして心まで悪くなる必要があるのですか。心が身体を動かしていることを忘れてはいけません」 

2017年8月に読んだ本②

6)

 ・ものごとは全てが変化する現象だけで、何の実体もありません。

・「自分」はないのですが、認識し続けてしまう現象を繋げて「自分という実感、錯覚」が生まれる。
 
7)
生きて死ぬ智慧

生きて死ぬ智慧

 

 

8)

方丈記(全) (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)

方丈記(全) (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)

 

 

9)

あきらめなければ、痛みも、麻痺も、必ず治る! (いきいき健康シリーズ)

あきらめなければ、痛みも、麻痺も、必ず治る! (いきいき健康シリーズ)

 

 

10) 

なぜ、思考を捨てられないのですか?宝物だからです。価値があるからです。「自分そのものだ」と思っているからです。われわれは、この抽象的なものに価値を置いているのです。
 

 

 

2017年8月に読んだ本①

1)

宮崎哲弥 仏教教理問答(サンガ文庫)

宮崎哲弥 仏教教理問答(サンガ文庫)

 

 【普段意識しないが、「死」が存在しているということが、ざわっと鳥肌のように立ち上がってくる。それが僕にとっての死の感覚】南直哉

【自己や世間を否定しなければ仏教ではありません。そうは言っても自己はこよなく愛おしい、世間の法や習いに従っていれば安楽に生きられる。でも愛に泥(なづ)み、安逸を貪っていれば、やがて果報が訪れることに気づき、着慣れた暖衣をわが身から引き剥がす…。この繰り返しだと私は思います】宮崎哲弥 

 

2)

織田信長 (ちくま新書)

織田信長 (ちくま新書)

 

 

3) 

 何にも負けない人生のために、死を観察しなくてはいけないのです。「死ぬ」と認めなくてはいけないのです。「歳をとった」と悩まないために、「シワができた」と悩まないために、死を観察しなくてはいけないのです。

 

4) 

珈琲一杯の元気

珈琲一杯の元気

 

 

5)

カレー粉・スパイスではじめる 旨い! 家カレー