ヒトリゴト

読んだ本など

2017年10月に読んだ本②

7)

知ることより考えること

知ることより考えること

 

私にとって「考える」とは、「精神が本質を洞察する」という以外の何ものでもない。

 

8)

「心は完璧ではありません。心というのは、基本的に「無智」という感情で機能しているのです。本来の心というのは、無智と欲と怒りです」
「今の瞬間の自分を確認して、それを続けると、無明が消えて、他の煩悩も消え、代わりに智慧が現れます。その結果、自分が全体的に見えてきます。ありのままに世界を見ることができるようになるのです」

 

9)

私と出会うための 西田幾多郎

私と出会うための 西田幾多郎

 

 

10)

今すぐ東京の中古ワンルームを買いなさい!

今すぐ東京の中古ワンルームを買いなさい!

 

 

11)

羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)

羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)

 

 

 

 

 

2017年10月に読んだ本①

1)

太陽を曳く馬〈下〉

太陽を曳く馬〈下〉

 

 

2)

体のコリがすべて消える 究極のストレッチ

体のコリがすべて消える 究極のストレッチ

 

 

3)

土門拳 風貌

土門拳 風貌

 

 

4)

1973年のピンボール (講談社文庫)

1973年のピンボール (講談社文庫)

 

 

5)

世界一やさしい!栄養素図鑑

世界一やさしい!栄養素図鑑

 

「コラーゲンは、体内で合成されるため、豊富に含む食品をたくさん食べたからといって体に直接効果が現れるわけではありません」

ヒアルロン酸は、食品として摂取しても体内で分解されるので、直接に肌や関節などに効果を与えることはない」

 

6)

落合博満 アドバイス―――指導者に明かす野球の本質

落合博満 アドバイス―――指導者に明かす野球の本質

 

 「本当に身になるのは面白くない練習なのだ」

 

 

2017年9月に読んだ本②

7)

お金の不安が消えるノート?60日でお金が貯まる1日1分の習慣?

お金の不安が消えるノート?60日でお金が貯まる1日1分の習慣?

 

 

8)

なぜ名経営者は石田梅岩に学ぶのか?

なぜ名経営者は石田梅岩に学ぶのか?

 

 「自分の置かれた状況で、常に道徳的行為を実践できる人間は、短期的な自己の利益に構うことがないために、安定した働き振りを発揮する。そして最も重要なことは、そのような人々の心が、常に幸福感に満たされていたこと」

「適切な役割と、適切な位置。企業はそれを従業員に提供し、従業員は自分の置かれた状況の下で最善を尽くし、自らの本性に近づいていく」

「仕事によって到達できるのは、まったく知らない場所ではなく、本来の自分にほかなりません」

 

9) 

才能を伸ばすシンプルな本

才能を伸ばすシンプルな本

 

 

10)

風の歌を聴け (講談社文庫)

風の歌を聴け (講談社文庫)

 

「あらゆるものから何かを学び取ろうとする姿勢を持ち続ける限り、年老いることはそれほどの苦痛ではない」

 

11)

 

12)

太陽を曳く馬〈上〉

太陽を曳く馬〈上〉

 

 

13)

宮本武蔵〈2〉 (新潮文庫)

宮本武蔵〈2〉 (新潮文庫)