ヒトリゴト

読んだ本など

言葉

2016年の気になった言葉④ <仕事>

2016年の気になった言葉④ <仕事> 最後は、なんとなく仕事に関する言葉。 【魂を満たしてくれる職業に没頭するところにこそ幸福は存在する】 平静の心新訂増補版 [ ウィリアム・オスラー ]ジャンル: 本・雑誌・コミック > 科学・医学・技術 > 医学・薬学 > …

2016年の気になった言葉③ <子と親>

2016年の気になった言葉③ <子と親> 生きることは「苦」である、そして「意味がない」そういうことに納得してしまうものにとっては、そこに「子」を向かい入れてしまったことに、どこかで申し訳なさを感じている訳です。 【私たちにとって生きることは大変…

2016年の気になった言葉② <生き方>

2016年の気になった言葉② <生き方> 人生とは「苦」であり、「意味がない」としても、生きていかなければなりません。 そして、できれば、より良く生きていきたいものです。 <生き方> ①自分を変える 【生きづらさを生きやすさに変えていくためには、実は…

2016年の気になった言葉① <人生とは>

2016年の気になった言葉① <人生とは> ①苦である 【ごまかさずにありのままに人生を観察すると、人生とは極端に苦しいものでもなく、極端に楽しいものでもないことを発見するはずです。さらに観察すると、楽しみの量より苦しみの量は多い、ということも発見…