popliteus mのブログ

整形外科クリニック理学療法士のひとり言。読んだ本、理学療法、サッカー観戦などとりとめなく

膝前十字靱帯再建術後の反対側損傷に関する調査

0250「膝前十字靱帯再建術後の反対側損傷に関する調査」
中山 誠一郎:第47回日本理学療法学術大会、理学療法学39(1)、2012

<対象>
・初回 膝前十字靱帯(ACL)再建術(STG1867件、BTB222件)を施行した症例2089名中、8ヶ月以上のfollow upが確認できた1618名(77.5%)のうち、反対側のACLを損傷した42名82膝。

<結果:男性/女性>
1)全体の反対側ACL損傷率:2.6%(42/1618名)
2)反対側損傷率:男性2.1%(17/793名)、女性3.0%(25/825名) :男女での有意差なし。
3)年代別での反対側損傷率
・10代:男性4.4%(8/184名)、女性4.7%(18/383名):他の年代に比べ有意に高値。
・20代:男性1.7%(6/354名)、女性2.6%(5/195名)
・30代:男性1.1%(2/187名)、女性0.8%(1/122名):他の年代に比べ有意に低値。
・40代:男性1.9%(1/52 名)、女性 1.0%(1/99名)
・性別間での有意差なし。
4)初回損傷時の平均年齢:男性23.6歳、女性19.0歳:有意に女性の年齢が低い。
5)初回の再建術から反対側損傷までの期間:男性21.4ヶ月、女性20.4ヶ月。
6)初回、非接触型損傷24名→非接触型損傷18名、 接触型損傷・介達型損傷6名。
7)初回、接触型損傷・介達型損傷→非接触型損傷10名、接触型損傷・介達型損傷8名。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
とても貴重なデータで参考になります。

接触型損傷で反対側損傷も生じてしまう場合は、よりACLが損傷しやすい解剖学的特徴や動作の習慣などがあることが考えられます。

ACL損傷のリスクファクターとなる、浅い膝屈曲での動作や大腿四頭筋に対するハムストリングスの活動比率の低下などは改善の余地があるところです。

また、10代で圧倒的に多い事は身体的な要因もさることながら、自分の能力を超えるような運動を求められる環境やセルフコントロールの未熟さも考えられるかもしれません。